So-net無料ブログ作成
美味しい! ブログトップ
前の5件 | -

レタス畑が来た! [美味しい!]

先日、友達がすごいプレゼントを運んできてくれた!
レタス、畑ごと!!

Img_6361.jpg

「どんどん食べて」と言ってたけれど、しばし鑑賞。
なんという瑞々しい美しさ!

Img_6367.jpg

来る人皆「美味しそう!」って。
そうです、美味しいです。
nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

渋滞したキャベツで [美味しい!]

キャベツって体に良いそう。
買って来るけれど少人数の我が家では消費に時間がかかる。
それに、生で食べると硬くない?
なんか、胃袋に突き刺さりそう。
スーパーで会ったおば様も「なんか、硬そうねぇ」って。
時々生協にやわらかい品種ってのが出てますが、
スーパーで売られているやつはまま手ごわい。
「私、刻んでチンしているんです」「あらそう、やってみようかしら」、
なんて話をしたことも。
やわらか目に炒めたりもしますが、ここ1年ほどはチンしてサラダにしている。
千切りはちと面倒だけれど、
料理家土井善晴氏の本の美しいキャベツの千切りの仕方を参考に
大体1/4~1/2個を頑張ってさくさくと千切りに。
それを耐熱容器に入れてふわっとラップをして4分ほどチン。
かさが半分ほどになります。
まだ暖かいうちに塩、胡椒、多目のお酢、オリーブオイルをかけてざっくり混ぜる。
暖かいままでも美味しいけれど、
冷蔵庫で冷やして2,3日は美味しく食べられる常備菜だ。
そしたらTVでこれ、腸を整えるのに良いとか。
食前に食べるとダイエットにもなるらしい。
私はそこまでしないけれど、キャベツ渋滞の折にはお試しあれ。

Img_6229.jpg


[るんるん]nice! お願いしまーす!
nice!(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

横浜のアナゴ、美味! [美味しい!]

横浜柴漁港のアナゴ漁についてのレクチャーに参加しました。
アナゴは江戸前、と思っていましたが
今は横浜柴漁港のアナゴが高級ブランドとなり
グルメの舌を楽しませているそうです。
そうなるまでには魚たちの育つ豊かな漁場の維持、
資源の保護や漁の工夫などなど
漁師さんたちの並々ならぬ努力があったそうです。

レクチャーのはじめに味わったアナゴ丼に乗っかった大きなアナゴ!
ふっくらとして柔らかな舌触り、上品なお味は
いつもお安い寿司ネタで口にするそれとは別物でした。

image1.JPGmi-chyan提供

四方を海に囲まれた日本なのに、
都会では魚との距離は開くばかり。
港から店舗までの流通過程にもいろいろ問題があり、
柴漁港のアナゴは普通の鮮魚店では売られていないのはとても残念です。
漁師、消費者ともにメリットがあるような流れを考えて欲しいと思いました。

漁港では取れたてのアナゴ丼を数限定で味わえるとのこと。
また日曜日の午後には直販店もオープン。
昨日も皆さん並んで水揚げを待っていました。

170312_1358~001.jpg
春の日差しを浴びてまぶしそうな輝くアナゴたち。
写真奥は直販店に並ぶ人たち
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

江戸野菜のこと [美味しい!]


江戸時代から東京で作られ続けてきた野菜(江戸野菜)を知る講演会に参加しました。
東京産の野菜といえば小松菜と練馬大根くらいしか頭に浮かばなかったのですが
大根だけだも6,7種類、蕪、人参、茄子、瓜、牛蒡、葱、生姜などなど
さまざまな日常の野菜が作られていたこと、
また、今、生産者や研究者がそれらの品種を守ろうとしていることを知りました。
度重なる品種改良されたその「改良」が、
必ずしも食べる側へではなく生産コストや利便性に偏ってきたことも多い。
会の終わりに雑然としてきている現代の食材の世界をやや憂いながら
江戸時代のレシピに沿った会席を味わいました。

edoeco.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今年のレモン [美味しい!]


昨年は不作だった大磯の友人宅のレモン。
今年は大きな実がぎっしりとつき、
実降ろしして沢山分けてもらいました。

大磯の高台は北風も届かず明るい日差しで暖か。
レモンも伸び伸びと実をつけています。

今年はそのままざくざくとゴージャスに切って
ホットレモンで楽しむことに。
フレッシュCVチャージ!

lemon.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | - 美味しい! ブログトップ