So-net無料ブログ作成
原発事故から ブログトップ

節電 [原発事故から]

今年の夏の節電に、契約アンペアを下げました。
客間の照明もワット数を下げ
シェードも取り替えてみました。
蛍光灯の電球色を使って赤味のある照明にしたら
なんだか空間がゆったりしたようで気に入りました。
白色の蛍光灯に慣れた目にはやや暗いですが
2つの照明でも今まで使っていた照明1つ分より
まだ少ないワット数で十分な明るさです。
部屋の雰囲気も変わり
お財布にも目にも優しい節電の先ずは第一歩です。

akari.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

半々なんて… [原発事故から]

今日の新聞に原子力発電の賛否についての世論調査の結果が出ていました。
各新聞社の調査した数字を大まかに平均するとほぼ半々。
私としてはおおいにがっかりです。

原子力発電は二酸化炭素を出さない
クリーンなエネルギーだといわれています。
ところが、原料ウランの精製や使用済み燃料の冷却、
リサイクルには当然電力が必要です。
その際の電力はまだ原子力発電による自己完結したものが
使われるのではないようです。
当然二酸化炭素もたくさん出るはずです。

また、稼動後の核燃料の処理にかかる費用は、
電力料金に上乗せできないほどの膨大さといわれています。
決して「クリーンで低コスト(神話)」ではないというのは
反原発論の基本です。

まだコントロールする技術も確立されていない原子力の世界。
地層グズグズの日本列島に林立する原発の是非を
深く考えなくてはならないと思います。

産・学・政を巻き込んだ原子力政策に押しつぶされてきた
他のエネルギーの研究者たちにこれからはぜひがんばってほしいです。
原子力発電を支えてきた人たちにも、
今までとは違う現場で力を出して欲しいと思います。

今私にできることは昭和一桁生まれの母から直伝された節電です。
nice!(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

静かになった渋谷 [原発事故から]

材料を買いに渋谷に行きました。
私にとってこの作業(?)はあまり好きなことではありません。
というのは渋谷の街の騒音がとても苦手なので、
どうしても…と切羽詰るまで先延ばしにして
いつも用事だけで逃げ帰る、という感じです。
今回もそうした決心で出掛けたのですが、
今の度は街の様子が少し違いました。

いつもなら騒音に追われるようにわたるハチ公前の交差点。
信号が変わるのを待っていると人々の話し声が聞こえるのです!
井の頭通りも然り。カラスの鳴き声まで聞こえます!
とても静か。
これってものすごく新鮮な体験でした。
私にとっての渋谷=騒音という今までの概念が崩れ去るような…。

この電力不足を伴う重大事件は
何が本当に必要なのか、誰のための消費なのかを
皆がそろって深く考えるチャンスなのかもしれません。

このところ計画停電がないので
その後の渋谷駅周辺がどうなっているのかわかりませんが、
静かになった渋谷はそのままでいいと思っています。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
原発事故から ブログトップ