So-net無料ブログ作成
講習会 ブログトップ
前の5件 | -

安全確認 [講習会]

町会の防災訓練に初めて参加しました。
我が家の前の小さな公園の地下には雨水の貯蔵タンクが有り、
地上には防災倉庫があります。
でもそれをどう使うのかは隣近所の共通の疑問でした。

昨日はそれらのものが全て公開され
マンホールの開け方、汲み上げポンプのエンジンのかけ方、
消火栓の使い方、消火器の使い方、
アルファ米の使い方などなど盛りだくさんの内容でした。

日ごろ存じ上げない「町会」の方々や「消防団」とも対面し
前後左右上下のお付き合いが希薄なこのあたりの
漠然とした不安が少し解消され心強く思いました。

水を汲み上げるポンプの油切れや
開いた消火栓が閉まらなくなるハプニングも起こり
(この件では消防車が1台来ました!)
今後の教訓として生かされることを皆で願いました。

防災.jpg
配布されたパンフレットとライトつきのホイッスル
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

段ボールを使って [講習会]

毎年担当している生涯学習講座では
バックストラップ機を使った織りを指導しています。
バックストラップ機も簡単な道具ですが、
その分とてもフレキシブルで、色々な織物を織ることが出来ます。
講座の最後にはもっと簡単な段ボールを使った布つくりを紹介しています。
段ボールに糸をぐるぐると巻きつけ、
それを経糸として、針で緯糸をまたグルグルと織ってゆくだけ。
糸のかけ方や段ボールにちょっと工夫をするだけで、
楽しいものが作れます。
機織はどうしても最低限のスペースが必要ですが、
この小さな織機はコタツにあたりながら編物感覚で制作ができます。
これを発展させて山野井佳子さん はジャケットやコートまで作ることを
実践されています。
繊維分子から糸、宇宙まで…糸を組み立てるのは楽しい。
段ボール.jpg
写真奥、右の袋の下に敷いてあるのが使った段ボールです。
nice!(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

シルバー卒業パーティーで…萌え? [講習会]

昨年シルバー大学で手織りの指導をしました。
その作品展示を見に卒業パーティーに行ってきました。
式典の後、立食で歓談、作品展示や成果の発表などなど、
シルバー世代の熱気むんむん。

自分で作ったバックストラップ機(原始機)を使って織るという
手芸としては容量をつかむのがやや難しい内容だったにもかかわらず、
立派な力作が並び講師としてはまずホッ。
iruoijyuku.jpg

それにしても、シルバー世代の元気はすごい!
元気な人がたくさん集まって元気に楽しんでいるのだから、
元気が指数関数的に増幅して…。
シルバーちょっと手前の私たちの世代は少し元気…ないかも。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

教室が終わり… [講習会]

長年続いていた染織の同好会が今年で解散になりました。
講師として出向いてかれこれ二十数年。
メンバーは主に元気のよいシニアが中心でした。
植物染料で糸を染めバックストラップ織機で織ることがメインテーマでしたが、
バックストラップ機の織りは、だんだんに個人的理由(腰が痛いなど)で敬遠され、
テーブル機を使う人もいました。
織りよりも、色遊びの出来る草木染めのほうが好評で、
夏の初めの藍染めでは布と格闘。皆が燃えていました。

Img_manamizuki1.jpgバックストラップ機
Img_manamizuki2.jpg燃える藍染め

コツコツ作られた作品たち
Img_manamizuki4.jpg藍染めのランチョンマット
Img_manamizuki6.jpg草木染めの手織りマフラー

生涯学習には単位も卒業も無いので、
これからもそれぞれの個性と発想で楽しい物作りを続けて欲しいです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生涯学習するということ [講習会]

織物を指導している生涯学習講座の大学祭に、
受講者さんたちの日ごろの成果の作品を観に行ってきた。
展示は陶芸、木工、ガラス、イタリアンレース、キリム(フレーム織り)、バックストラップ織り。
その他に秋の収穫をほぼ終えた園芸科のちょっと淋しいキッチン・ガーデンを見た。

いつも心打たれるのは、それぞれの作品にたくさんの時間が惜しみなく注ぎ込まれていること。
手仕事を「仕事」としていると、ついついそこをショートカットしようと…。
思えば、博物館や美術館に残されている美しいもの達に共通するものは、
作ることに当てられた惜しげない時間と、作り手の情熱だ。
指導する立場ではあるけれど、いつも自戒の念を抱き…襟を正すのです!
08大学祭1.jpg
テキスタイル関係の展示風景。
08大学祭2.jpg
フレームで織ったキリムのクッションとバックストラップ織機の幅を自分で改造して織ったシルクのストール。
08大学祭3.jpg08大学祭4.jpg
初めてバックストラップ機で織ったマフラーとショール。
織ることの楽しさが伝わってくる作品です。
08大学祭5.jpg
一筆書きのデザインが美しいイタリアンレースのドイリー。
写真は一部です。秀作が並び、とてもよかった!

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 講習会 ブログトップ